身だしなみに関するビジネスマナー

身だしなみをきちんと整えておくのが基本

新社会人として、これからいよいよ企業の一社員として仕事をするのに、ビジネスシーンではどんなことに気をつけていれば良いのでしょうか。

1日も早く、配属された部署で仕事を着実に覚えて手際よく仕事ができるように精一杯努力することです。
もうひとつ重要なことは、ビジネスシーンにおいては、身だしなみをきちんと整えることです。

ふだんプライベートでの服装や言葉遣い、ヘアスタイルなどの見た目が、ビジネスシーンでもそのままの自分で良いというものではありません。
とくに入社したばかりの頃は、企業の一社員としての自覚が足りない人もいるようです。

身だしなみをきちんと整えて仕事をすることは、ビジネスマン、ビジネスウーマンにとっては、仕事の能力や資格、実務経験とは別に、ひとつのスキルであると言えるでしょう。

極端な例を挙げると、ふだんから茶髪で派手なメイクをしている人が、ビジネスシーンでも同じようなスタイルであってはいけません。

社会人として、企業の一社員としての自覚を持ち、身だしなみをきちんと整えておくのが基本です。

 

社会に出たら外見で判断されることを忘れずに

ふだんから「人を見た目で判断してはいけない。外見よりも中身が大切だ。」という価値観を持つことは、別に間違ったことではありません。
プライベートで友人や知人と会う時や、習い事をする時、サークル活動をする時など、仕事以外での場所であれば、Tシャツにジーパン、髪は少しくらいぼさぼさでも構わないかもしれません。

しかし、社会に一歩足を踏み出したら、「外見で人を判断してはいけない。」のではなく、「外見で判断されるのは当たり前。」だと認識しておかなくてはなりません。

もし、自分が顧客の立場であり、企業やお店を訪問した時に、店員や社員の服装や髪型がルーズな感じだったら、どのように感じるでしょうか。

「この人は社会人としての認識に欠けている。」と感じるだけではなく、「この企業ではどのような社員教育をしているのだろうか。」と内側図にはいられません。

服装や髪型など、その人の身だしなみや振る舞いによっては、その企業のイメージをアップさせることもあれば、イメージダウンにつながる可能性もあります。

清潔感のある服装、その企業やお店の雰囲気に合う髪型や振る舞いを心がけておくのが基本です。