廃車と事故車の買取

廃車と事故車の修復について

やはり事故車は廃車にしたほうが良いの?

事故車と修復歴のある車について

これまで中古車買取専門店で、中古車を購入したことがある人、またはそのようなお店で車の下見をしたことがある人なら、「修復歴あり」と書かれた車を目にしたことがあるかもしれませんね。

修復歴のある車のことを修復歴車といい、おもに車のボディの骨格にあたる部位が損傷して、修復された車のことを指します。

車のボディが損傷を受けた場合、その車を購入したばかりの頃はとくに車の運転に何の問題もなく、スムーズに走行することができたとしても、月日が経過するにつれて、異常が生じてしまい、何度も修理が必要になる可能性も出てきます。

見た目にはとくに何の問題もないように見えても、こればかりは実際に車を購入して乗らないことにはなんとも判断がつきません。事故車と修復歴車は同じ意味だと捉える人もいますが、とくに事故を起こしたわけではなく、車がなんらかの衝撃を受けてボディの修復をした場合にも、修復歴車とみさなれることもあります。

 

事故車、修復歴車の買取と廃車、結局どちらが良いの?

事故車、修復歴車を中古車買取専門店で買取をしてもらうのが良いのか、それとも思い切って廃車にするのか、果たしてどちらが良いのでしょうか。

車を取り扱うお店によって、査定額や買取価格、そして修復にかかる費用にも格差が生じているため素人の判断でどちらが良いとは言えません。どの程度の費用がかかるのか、まずはそれを把握する必要がありますので、無料査定や見積もりなどを活用すると良いでしょう。

中には事故車を中古車買取専門店などで買取してもらうのに、車を修理に出してダメージを修復させた状態で、査定に出すドライバーもいるようです。車のダメージの度合いによっては、車の修理費用が高くつく場合もあります。修理に出して修復する前に、見積もりを出してもらい、金額によっては修理をしないで、その時点で事故車として車を買取してもらったほうが、無駄な出費を省くことができるようです。