廃車と事故車の買取

バイクの車検

車検が必要なバイク

車検というと、いわゆる乗用車、四輪の自動車が受ける検査というイメージを持つ人が多いかもしれませんが、公道を走る車である自動二輪車=バイクにも車検は必要です。

バイクの車検は、四輪車の車検と区別するために「バイク車検」などと呼ばれることもありますが、バイク車検とはいったいどのようなものなのでしょうか。

バイク車検の期間は、四輪車と同じで新車購入時は初回は3年、それ以降継続する場合や中古で購入したバイクの場合は2年に1度の車検が必要となります。

自分のバイクの車検期間がわからない場合は、車検証に有効期間満了日の記載があるはずですから、チェックしてみましょう。

バイク車検の対象となるのは、251cc以上のすべてのバイクです。したがって、250cc以下のバイク(原付と呼ばれるものなど)は、バイク車検は必要ありません。

 

バイク車検の内容

車の車検にはディーラー車検や民間車検、ユーザー車検といったやり方がありますが、バイク車検の場合も同様です。

ディーラー車検や民間車検では整備から車検まですべておまかせで行ってもらうことができますが、ユーザー車検の場合はユーザー自らが管轄の陸運局の運輸支局、もしくは検査登録事務所などに行って車検を受けなければなりません。

バイク車検の費用の内訳も、車の場合と同様で、自賠責保険に重量税、証紙・印紙代といった法定費用となります。

それ以外に、車検に合格するために必要な整備、修理といった作業および費用が発生し、ディーラー車検や民間車検であれば、車検代行手数料も必要となります。

自動車の車検とほぼ同じ流れで行われるバイク車検ですが、法定費用に関してはバイクの場合は自賠責保険や重量税の金額が自動車に比べるとかなり安くなっています。

ちなみに、バイク車検でチェックされる項目は、検査員の目視による灯火装置、車体の外観検査と、検査ラインで行われるスピード、光軸、ブレーキの検査などです。

光軸という言葉はあまりなじみがないかもしれませんが、主にヘッドライトの光の向きなどを確認します。