性格の傾向でわかること

個人の潜在能力や性格を把握するテスト

いろいろな適性検査

就職活動などで、適性検査、あるいは性格検査などと呼ばれる検査を受けることがあります。

適性検査、性格検査とは、その人が持っている性質、特徴などを数値にして表すもので、面接や書類審査だけでは把握しきれない個人の潜在能力や本当の姿などを知るために行われます。

また、採用時でなく、採用後に適性検査が行われる場合もあり、この場合は部署や役職決めの参考資料として使われることが多いようです。

ペーパーテスト(最近はパソコンを利用して行うWebテストも増えていますね)で、似たような質問に答えていくだけで性格や能力がわかってしまうなんて、バカバカしいと思っている人も多いかもしれません。

しかし、心理学や分析学など、さまざまな分野の研究者によって作成されたこの検査方法は、あながち見当違いなものではなく、ほぼ実像に近い結果が出されることが多いようです。

適性検査・性格検査には、SPI性格検査や、YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)、EPPS性格検査、不適性検査スカウターなど、さまざまなものがありますが、いずれも解答者が複数の質問に回答していくことで、いくつかの性格の傾向が導き出されます。

 

性格検査の結果は?

たとえば、新卒学生の就職活動で使われることが多いSPI性格検査では、「人との接し方」として、じっくり中を深めるか、すぐに親しくなるかという設問で、どちらの方がより自分に近いかという点を解答させたりします。

就職活動中で、どうしても入りたい希望の会社がある人などは、適性検査の予習もしっかりと行い、希望する会社が欲しがりそうな人材像に自分の性格を近づけるように回答するというツワモノもいるようですが、複数の質問にいちいち考えながら答えていくのはなかなか難しいです。

適性検査では主に、社交性や主体性といった性格の傾向が分析されますが、どの企業であっても社交性などは高いに越したことはないでしょう。

反対に、決断性などは、リーダーシップのある人材を求めている企業には重視されますが、周囲と協調して地道に仕事に取り組んでほしいと考えている企業などでは、それほど重視されない場合もあります。